福祉・介護系の介護老人福祉施設の情報

福祉・介護系の介護老人福祉施設とは?

福祉・介護系の施設のひとつに介護老人福祉施設というものがあります。一般的には、特別養護老人ホームという名前で知られている福祉・介護系の施設です。この福祉・介護系の施設のひとつである介護老人福祉施設ではどのようなサービスを受けることができるのかというと、福祉型の施設ですから、日常生活のサービスが中心で医師などの治療や手当が必要な人は入居できない施設になっています。福祉・介護系の施設の介護老人福祉施設は、介護が必要ということを認定されたお年寄りで65歳以上で、体や精神的に障害があった自宅では介護ができない人を対象にして入居が認められている施設です。

福祉・介護系の施設のひとつの特別養護老人ホームとして広く知られている介護老人福祉施設は、介護の度合いや施設によって費用は変わってきますが、だいたい、1日に1700円くらい負担することになっていて、日常生活にかかる費用はほかに自分で負担することになっています。福祉・介護系の施設の介護老人福祉施設は介護保険の適応になる施設です。福祉・介護系の施設はたくさんありますが、介護老人福祉施設は、入所介護型の老人福祉施設のひとつとしてこれからも増えていくと予想されている施設の一つです。

福祉・介護系の学校で得られる資格

福祉・介護系の学校で取得できる資格について紹介したいと思います。厚生労働省が指定している介護福祉士養成学校の場合には、国家資格の介護福祉士の資格を卒業すると同時に取得することができます。それと同時に、福祉・介護系の学校によっては、レクリエーションインストラクターの資格やウエルネスデザイナーと呼ばれる、体や精神、社会的な観点から見て健康かどうかを指導する資格も取得することができる学校もあります。福祉・介護系の学校といってもいろいろな種類の学校があって介護福祉士の資格だけを取ることができる学校もあれば、他にも、福祉住環境コーディネーターの資格や福祉用具相談専門員の資格なども取得希望者には取得できる学校もあります。

福祉・介護系の仕事へ進みたいと思っている人は介護福祉士以外のいろいろな福祉・介護系の資格が取れるなら一緒にとっておく方が何かと就職してから便利だと思います。学校によってはこのほかにも、日本赤十字救急急員の資格取得も可能な学校もあります。学校を選ぶ時には、どんな資格が取れるのか確認してから学校を選ぶといいかもしれませんね。福祉・介護系の就職先で活躍できる資格はたくさんありますから、持っていればそれだけ就職に有利です。

福祉・介護系の学校の授業内容

福祉・介護系の学校の授業内容について紹介したいと思います。福祉・介護系の学校の授業の内容はほとんどの学校の場合が、介護福祉士養成学校の場合は介護福祉士になるための授業が行われるわけですが、講義、演習、実技の三つから成り立っています。講義では、介護福祉士になるための知識を色々と学んで福祉の在り方についてなども勉強します。福祉・介護系の学校で行われる演習としては実際に生徒を使って介護の実技演習が行われます。その内容はたとえば、入浴介助であったり、食事を支援したり、排泄の援助などもおこなって実習に向けて生徒同士で演習をして技術を身につけていきます。そして知識も習得して、実技演習もしっかりと身についてからは、実際の福祉・介護系の施設に行って実習が行われます。

これが福祉・介護系の学校の授業内容になっていますが、これ以外に資格を取得する場合には、その勉強も行うことになります。福祉・介護系の学校の授業では講義で知識面での習得をして、演習で実際の介護の技術を身につけます。そして、実技で知識と技術が身についているのか実際の現場に行ってさらに技術を高めることになります。ほとんどの学校がこの流れで行われています。

福祉・介護系の学校選びのポイントは?

福祉・介護系の学校選びのポイントについて紹介したいと思います。福祉・介護系の学校は今たくさんありますから、どこの学校がいいのか選ぶのに苦労している人も多いと思います。まずどんな学校を選ぶ時でも共通して言えることですが通学時間を考えてみましょう。自分の家からあまりにも時間がかかるような学校はどんなによくても少し考える必要がありますし、もしもアパートなどを借りる場合には周りの治安などの面も考えて通学できそうかどうかを検討して選びましょう。そしてどんな学校でもそうですが、学費についても考えてから検討しましょう。

そして福祉・介護系の学校選びのポイントとしては、資格をどれだけ取得できるのかということです。福祉・介護系の学校では資格を取得することができるところがほとんどです。厚生労働大臣が指定している介護福祉士養成学校では介護福祉士の国家資格を取得可能ですが、それ以外にも資格を取ることができる学校もあれば、他の資格を取ることができない学校もありますから取得できる資格についても福祉・介護系の学校を選ぶうえで考えた方がいいポイントではないでしょうか。やはりたくさんの資格が取れる福祉・介護系の学校は人気です。

福祉・介護系の軽費老人ホーム施設

福祉・介護系の施設のひとつに、軽費老人ホームと呼ばれる施設があります。福祉・介護系の施設の軽費老人ホームといって二種類あります。まず、福祉・介護系施設の軽費老人ホームA型と呼ばれる施設は、日常生活に必要なサービスなどを行って、食事は給食が出ます。入所する人は、自分で契約をして、入所を決定します。福祉・介護系の軽費老人ホームA型に入ることができる人の条件は、住宅で普通に生活をするのが難しい60歳以上の人が対象になっています。気になる費用ですが生活費が大体5万円くらいと、事務費などが収入などによって変わってるのですが一万円から10万円以内だといわれています。

それに比べて福祉・介護系の施設の軽費老人ホームB型と呼ばれる施設の方は、A型と大きく違っているのは、食事が自炊であることです。食事が自炊であるために、自分で用意しなければいけませんからその分利用料も福祉・介護系の軽費老人ホームA型に比べると安くて5千円くらいとそして自分が使う生活費だけで済みます。福祉・介護系の施設である軽費老人ホームのA型B型ともに、どちらも、介護保険の適応外ですが、比較的安い費用で入居できることから人気がある福祉・介護系の施設になっています。

最新登録サイト表示

# サイト名 PR リンク

TOP紹介サイト

# サイト名 PR リンク

登録フォーム

ページランク7以上の方が申し込みできます。

下記リンクタグを掲載後にお申し込みください。

<a href="http://www..com/" target="_blank">●</a>

サイト名と紹介文
( 30 文字以内 )

タグ [ < ,> ] は使用不可。 編集・削除機能はありませんので慎重に!
登録ページURL
末尾が 「 / 」 のURLしか登録できません。